FC2ブログ

潤いのしずくで癒しのひと時を☆

癒しスポットの紹介や日々の中で私のココロやカラダが潤い喜ぶ瞬間をつづっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

師岡熊野神社☆ 町の中でお山を感じられる神社 


横浜市の中でも、自然が感じられて大好きな神社神社

師岡熊野神社に行ってきました
場所は 横浜市港北区師岡町 1137

東急東横線 大倉山駅下車 徒歩7分です。

ご祭神は、伊邪那美尊、事解之男命、速玉男之命。



大倉山という地名だけあって、坂の多い街です

坂道を登っていくと・・・
見えてきました

師岡熊野神社 いの池

 いの池と弁天社です


ここに着くと、広々とした気分になって、一気にリラックスします

水のパワー 弁天様のパワーなのでしょうか

私は、弁天様の祀られているところに行くと、リラックスして
意識が広がっていくような感じになります嬉しい

頭の中が空っぽになって、冴えてくるような感じですキラキラ☆


師岡熊野神社 弁天様 

弁天様にご挨拶♥akn♥


いの池は、「い」の形をしています。

池の中央には水神社が祀られています汗2

師岡熊野神社 いの池 

お社はないのですが…。

亀がたくさんいます

岩の上で日向ぼっこしながらくつろいでいる亀さんや
水にぷか~~っと浮かんだまま漂っている亀さんを見ていると
こちらまでリラックスしてきますらぶ②

癒されるな~


例年8月の水神祭や、
毎年正月に行われる苗代田の祭りである水口祭など
「いの池」と熊野神社には農耕にちなんだ儀式がいくつか伝えられています。

古くから利用されてきた灌漑用の溜池ではないかと言われています。


片目の鯉の伝説もあります鯉


社殿の裏側には「のの池」がありますハート

そして、「いの池」の西方には「ちの池」がありました。
今は埋め立てられて、大曽根第3公園になっているそうです。

この3つの池を合わせて『いのちの池』と呼ばれていましたハート
 

師岡熊野神社 木 

大きな木もあって、木からのパワーも漂っています木


「いの池」から道をはさんだ反対側に 『師岡熊野神社』があります。


師岡熊野神社 

桜の木が狛犬さんのところにありました。

咲いたらきれいでしょうね~~桜**

桜 

これからの季節、おすすめですねスキ

師岡熊野神社 狛犬師岡熊野神社 狛犬 
 
赤がきれいな 狛犬さんたち。


師岡熊野神社 階段はけっこう急です。


師岡熊野神社 本殿

師岡熊野神社は、724年に全寿仙人によって開かれました。

ご祭神は、和歌山県の熊野三社と同じです。
伊邪那美尊(いざなみのみこと)
事解之男命(ことさかのおのみこと)
速玉之男命(はやたまのおのみこと)


天皇の勅願所として「関東随一大霊験所熊埜宮」の勅額を賜っています。


お参り♥akn♥


両脇の提灯は、御社紋は三つ足烏紋。

いわゆる八咫烏です

師岡熊野神社 絵馬 絵馬も八咫烏

この烏は、熊の大神のお使いであり、初代神武天皇が熊野の山中で道に迷われた時、天皇をお導きするために熊野大神から使わされたのが、この烏でした。

烏は、夜明けを呼ぶ鳥、太陽を招く鳥と言われます。

人生の闇い迷い悩む人々を明るい希望の世界に導く霊鳥として長く信仰されています。

師岡熊野神社 からすがいっぱい


師岡熊野神社 その下には龍の彫刻

かっこいい

師岡熊野神社 彫刻 ここにもからすからす

カラス探しが楽しいはっぴ


他にも、「みくまの五木」を探すのも面白いです木

『みくまの五木』は
木 アカガシ  恋愛成就、身体健全
木 シラカシ  病気平癒、火伏
木 イヌシデ  五穀豊穣、開運、自己向上
木 スダジイ  子孫繁栄、厄除、健康
木 イチョウ  繁栄長寿、無病息災、病気平癒

師岡熊野神社 ご朱印 

ご朱印にも、八咫烏がいましたからす



本殿左側を奥に行くと

師岡熊野神社 のの池 のの池があります。

ここはすごいパワーですキラキラ

エネルギーがグオングオン回っています。

「のの池」は、大きな木の下に穴が掘ってあって、そこに水が溜まっている感じなのですが・・・

その昔、落雷で出火した時、のの池の水でご神体を守ったそうです。

お正月の筒粥神事は、この池の水を使っています汗2


師岡熊野神社 のの池の木 のの池の大きな木木



ここのエネルギーはかなり強いですはーと

強いエネルギーは、人によっては『怖い』と思うかもしれません。


私は、お参りしていると八咫烏さんの映像が現われて、メッセージをくださいましたからす
八咫烏さん ありがとうウインク


師岡熊野神社  

のの池のわきには末社や庚申塔が立ち並んでいます。

末社は、天満社、神明社です。

天満社のとなりには、狐さんたちが並んでいました狐お面

師岡熊野神社 末社 

末社の神様たちにもお参り♥akn♥


そして、権現山広場へレッツゴ~頑張る

師岡熊野神社 権現山広場へ 

大きな木々に囲まれた階段を上っていきます。

5分もしないで頂上に到着ですびっくり


頂上は、標高約43mで 台形状の広場になっています。

ここは 『師岡貝塚』 です。

貝塚(古代人が食べ捨てた貝殻などが堆積してできた遺跡)の規模は、
東西約20m、南北約15m以上に及ぶそうです。

ハイガイが主体で、ハマグリ・アサリ・シオフキ・オキシジミ・アカニシなどの海水性のものが発見されています。

師岡熊野神社 権現山広場の貝 貝も落ちています

ここに古代人たちは住んでいたのですね~らぶ②

森や海とともに…


広場は、まだ樹木たちが茂っていないからか、太陽の光が降り注いでいました

男性が、ベンチで寝転んでパワーチャージしていました太陽

うん!うん!
パワーチャージするには、最高の場所ですね~~~スキ

師岡熊野神社 権現山広場からの眺め 権現山広場からの眺め

この眺めは、古代とはずいぶん違いますね。


山道を下っていると

師岡熊野神社 木 

木々たちが、サワサワ・・・・

ザワザワ・・・・

ザザザザ~~~~

風に吹かれてなっています。


目を閉じて聞いていると、川のせせらぎに聞こえたり、

流れの早い川みたいだったり、

海の波の音みたいだったり・・・・・嬉しい


木々を揺らす風や木たちと一体になって 同調している感覚が気持ちいいですラブ

一気に浄化されていくようでしたきらきら!!


熊野に海の神様が祀られているのが不思議でしたが、わかったような気がして納得しました



帰り道、急な階段の途中にある 『稲荷社』 にもお参りしました。

師岡熊野神社 稲荷社 ♥akn♥



今日は、朝から肩が凝っていて、
その上重い荷物を持っていたので、さらに凝っちゃうんじゃないか?と思っていましたが・・・・

師岡熊野神社を後にするときには、肩こりがすっかり楽になっていましたええ!!
すごいグゥ

熊野の神様たち ありがとうはーと


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。